ニュース

リネオソリューションズがワンチップマイコン向け POSIX 準拠超小型リアルタイムカーネル評価用パッケージをリリース

Lineo uBooster Starter Package-H8S

2003 年 12 月 15 日   プレスリリース

デジタル家電や小型携帯情報端末などのコンシューマ機器向け組込み Linux Lineo uLinux と統合開発環境 uLinux ELITE を提供するリネオソリューションズ株式会社 [英語表記: Lineo Solutions, Inc. 本社:長野県塩尻 代表取締役社長 牛山美信](以下リネオ)は、ワンチップマイコン向けに独自開発した POSIX 準拠 超小型リアルタイムカーネル “Lineo uBooster(リネオ ユーブースター)” の評価用キット「Lineo uBooster Starter Package-H8S」のリリースを発表しました。

リネオソリューションズ株式会社 代表取締役 牛山美信は次のように述べています。「来るべきユビキタスネットワーク時代の実現にワンチップマイコンが果す役割は膨大であると確信しています。しかし、ワンチップマイコンのハードウェア資源に起因する制約の壁があり、Linux ではコードサイズ的に越えることが困難なアプリケーション事例が多く発生します。リネオは、この様な事例に現実的に対応するソリューションを提供するために、長年培ってきた組込みシステムのノウハウを結集して POSIX 準拠のマイクロリアルタイムカーネル ”Lineo uBooster” の開発を進めてまいりました。」
屋内においてもネットワークの接続性が重要になって来ていますが、屋外環境ではネットセンサーや各種監視警報機器は少なくとも -20 ℃ ~ 80 ℃ の環境下での動作確保が必要なものが多くあります。センサー分野では RAM の温度保証が問題となりますのでネットワークの接続性動作保証アプリケーションの普及のためのコストの低減といった諸問題をワンチップマイコンの応用で解決する Linux と親和性の高いソリューションが期待されています。と松永隆文 MCU ビジネスユニット ゼネラルマネージャーは述べています。

Lineo uBooster は、Linux との親和性に重点をおいて開発されたリネオのオリジナル超小型リアルタイムカーネルです。組込み Linux では実現が難しい超コンパクトなフットプリントサイズや超高速ブートを実現し、且つ、Linux の優れている POSIX 準拠のスケーラビリティとネットワーク機能(TCP/IP)を標準装備しています。今回リリースする「Lineo uBooster Starter Packag-H8S」はOEM の機器開発を容易に低コストで推進できるようにするための One-Chip Solution の第一弾としてルネサステクノロジの H8S シリースワンチップマイコンを用いた独自開発の評価用ボードと組み合わせたトータル評価システムパッケージとなっております。

Lineo uBooster 概要

  • CPU の能力を最大限に引き出し、1 チップマイコンでの動作を実現。Linux と同等な環境を提供し、内蔵フラッシュメモリの容量で「カーネル+アプリケーション」の動作が可能
  • フットプリントサイズが 256kbyte~2Mbyte 程度までの MMU レスシステムに対応
  • POSIX 準拠 I/F 採用。豊富な GPL リソースの利用が可能
  • ハードリアルタイムをサポート。POSIX 準拠 pthread I/F 仕様
  • TCP/IP を標準実装(オリジナル TCP/IP スタック、組込みに特化)
    • PPPd、TELNETd、FTPd、httpd、SMTP をサポート
  • VFAT をサポート
  • WAN I/F ドライバをサポート(DoPa、Air-H”、P-in、@FreeD、CF タイプ対応)

Lineo uBooster Starter Package-H8S 概要

uBooster とそのネットワーク機能を評価するための Software+Reference Hardware で構成した総合評価システムパッケージです。株式会社ルネサステクノロジの H8S マイコンに対応。各種ドライバ、デバック環境を装備しており、即アプリケーション開発のための評価にお使い頂けます。

Starter Package の構成
  • Board Development Kit:カーネルリソース、ツールチェーン他
  • Reference Board System
    • Platform Board:JTAG、ROM-ICE 他のデバック環境に対応
    • Solution Board:LAN、CF、シリアル他各種 IF を装備
      • Solution Board はLAN アダプタや制御コントローラとして即利用できますので完成体として OEM 供給可能。寸法 90×60mm(名刺サイズ)

20031215-001.jpg

CPU H8S/2339F 25MHz
メモリ RAM

MPU 内蔵 SRAM:32kbyte

外部 SRAM:1Mbyte

ROM

内蔵 FROM:384kbyte

外部 FROM:2Mbyte

EEPROM 8kbit(I2Cバス)
RTC S-3530A(I2C バス) ※SII
RS-232C 3ch
AD コンバータ 1ch O~5V
DI/DO 4 点 / 4 点
CF カード TYPEⅡ
Ethernet 10BASE-T 1ch
I2C バス 1ch
LCD 表示器 I/F 16 桁 2 行 LCD 表示器
拡張バス H8S 拡張バス
ROM-ICE、H-UDI ROM-ICE、H-UDI
電源 +5V±5%
リネオソリューションズ株式会社

リネオソリューションズ株式会社は、組込み Linux オペレーティングシステムをコアとして、クロス開発環境、ソフトウェアおよびハードウェア評価デザイン、プロフェッショナルサービスなどの組込みソリューションを提供します。リネオの組込みソリューションは、お客様の組込み製品開発を容易にするとともに、開発期間を短縮することにより Time-to-Market を実現します。

本社/エンジニアリング センター

〒399-0651 長野県塩尻市大字北小野 1589-1
Tel:0263-56-2317 Fax:0263-56-2319

本プレスリリースに記載されている会社名、製品名、サービス名は、当社または各社、各団体の商標もしくは登録商標です。
Linux は、Linus Torvalds の米国およびその他の国における商標または登録商標です。
Yocto Project 公式実践講座 5 月 ~ 7 月 開催分 受講お申込み受付中!
新企画「Yocto Project よもやま話」の連載を始めます
新企画「Yocto Project よもやま話」の連載を始めます

2022 年 04 月 28 日 Yocto Project よもやま話

ET & IoT 2021 レポート
ET & IoT 2021 レポート

2021 年 12 月 01 日 イベントレポート