ニュース

リネオがルネサステクノロジの SH4 2D Graphics ボード対応 Lineo uLinux CE Edition BSP をリリース

Linux でハードリアルタイムを実装

2003 年 12 月 03 日   プレスリリース

デジタル家電や小型携帯情報端末などのコンシューマ機器向け組込み LinuxLineo uLinux と統合開発環境 uLinux ELITE を提供するリネオソリューションズ株式会社 [英語表記: Lineo Solutions, Inc. 本社:長野県塩尻 代表取締役社長 牛山美信](以下リネオ)は、株式会社ルネサステクノロジの SH4 2D Graphics ボード(RTS7751R2D)に対応した Lineo uLinux Consumer Electronics Edition ボードサポートパッケージ (以下 uLinux CE Edition BSP)を発表しました。

リネオソリューションズ株式会社 エンジニアリング統括部長の小林明は次のように述べています。「今回リリースする uLinux CE Edition BSP の対象であるルネサステクノロジ社の SH4 2D Graphics ボードは、2 次元ビデオエンジンタッチパネル付 12”SVGA LCD、100BASE/T LAN ポート 2 チャンネルなど、広範な組込みアプリケーションデバイス開発に具体的に役立つ高性能で豊富な機能を装備しており、カーネル XIP やカーネル空間でハードリアルタイムをサポートしているリネオの uLinux CE Edition の高信頼性、高速処理能力と相まってユビキタス時代の Linux 搭載組込み機器の開発に取り組んでいるセットメーカーの製品開発現場で、アプリケーションのスコープを大きく広げるものと考えます。」
株式会社ルネサステクノロジ事業戦略統括部の宗像尚郎主任技師は「液晶 GUI 操作パネルやオーディオ・ビデオコンテンツ再生などに対応したデジタルコンシューマ製品に Linux を搭載したいというニーズが強くなっています。これらの商品では OS を意識することなく操作できることが重要なので、リアルタイム応答性能や起動・停止時間を対策した組込み機器用の Linux を導入するケースが多くなります。決められた開発期間の中で確実に製品を開発するには、これらの機能を実装した“検証済みのコードがあること”が非常に重要な意味を持ちますが、ルネサスの SH4-Graphics プラットフォーム(RTS7751R2D)上で動作検証された uLinux CE Edition は機器開発を大幅に加速させることに貢献するものと期待します。」と述べています。

Lineo uLinux CE Edition BSP はリネオの組込み Linux 開発ツール ”Lineo uLinux ELITE” に Plug-in することで利用できます。

Lineo uLinux CE Edition概要

小さいフットプリント/高速 Boot を実現
  • ROM:2Mbyte~ RAM:2Mbyte~
  • Kernel XIP をサポート
  • ulibc:glibc をコンパクトに再編成
uLinux Realtime
  • カーネル空間でハードリアルタイムを実現
  • POSIX 準拠 pthread I/F 仕様
  • 実測値例(日立 MS7750R CPU Clock:240MHz Bus Clock:60MHz)
  • 割り込み応答: 1.64μSec
  • スレッド起動: 4.68μSec
  • 周期スレッド: 15.00μSec
パワーマネージメントフレームワーク
  • non-BIOS ベースの APM 関連 I/F をサポート
IPv6 を基本に IPv4/6 に対応
メモリ管理機能の充実
豊富なデバイスドライバ
  • HotPlug をサポート

Renesas Technology SH4 2D Graphics ボード (RTS7751R2D) ハードウェア概要

SH7751R (240/267 MHz) 64M SD-RAM, card-BUS, 2 PCI slo
  • FSB 120 / 133 MHz
  • FPGA ( Lo-speed BUS split/True IDE/Touch Panel )
Silicon Motion SM501 (Voyager GX)
  • Embedded 2D video engine supporting 7 layered H/W frame
  • Dual display support ( analog CRT, digital LCD )
  • I/O expansion for SH-4 CPU ( USB host, AC97, I2S, I2C, ZV, GPIO )
  • Digital Video input (YUV 4.2.2)
  • Lo power consumption ( 75mW @2D engine enable )
SD memory card support
100 BASE/T LAN ( 2ch )
SH-BUS expansion for support external decoder logics
12 SVGA TFT LCD w / touch panel, AC97 codec (AD1885)
Debugger I/F (AUD, H-UDI)
リネオソリューションズ株式会社

リネオソリューションズ株式会社は、組込み Linux オペレーティングシステムをコアとして、クロス開発環境、ソフトウェアおよびハードウェア評価デザイン、プロフェッショナルサービスなどの組込みソリューションを提供します。リネオの組込みソリューションは、お客様の組込み製品開発を容易にするとともに、開発期間を短縮することにより Time-to-Market を実現します。

本社/エンジニアリング センター

〒399-0651 長野県塩尻市大字北小野 1589-1
Tel:0263-56-2317 Fax:0263-56-2319

本プレスリリースに記載されている会社名、製品名、サービス名は、当社または各社、各団体の商標もしくは登録商標です。
Linux は、Linus Torvalds の米国およびその他の国における商標または登録商標です。
Yocto Project 公式実践講座 5 月 ~ 7 月 開催分 受講お申込み受付中!
新企画「Yocto Project よもやま話」の連載を始めます
新企画「Yocto Project よもやま話」の連載を始めます

2022 年 04 月 28 日 Yocto Project よもやま話

ET & IoT 2021 レポート
ET & IoT 2021 レポート

2021 年 12 月 01 日 イベントレポート