ニュース

障害の対応やパフォーマンスの向上 解析サービス "LL-rescue" の提供開始

障害の対応やパフォーマンスの向上

2009 年 03 月 17 日   プレスリリース

デジタル家電や小型携帯情報端末などのコンシューマ機器向け組込み Linux、Lineo uLinux と開発環境 uLinux ELITE を提供するリネオソリューションズ株式会社 [英語表記: Lineo Solutions, Inc. 本社:長野県塩尻 代表取締役 二木健至](以下リネオ)は、「LL-rescue」の提供を開始しました。

「LL-rescue」は、Linux 搭載の製品の開発において発生する様々な課題/問題を解消するためのソリューションを提供するものです。

組込みシステム開発において、ハードウェアおよびソフトウェア設計など多岐にわたる工程が必要とされること、またシステム本体のリソースの制約なども重なり、サーバーやデスクトップのシステム開発とは異なる事象が発生します。リネオでは、これまでにお客様からの依頼に基づいて「障害の解析」や「パフォーマンスの向上」について、その解決・解消に実績を重ねてきました。「LL-rescue」は、これまでの実績を背景として、製品開発において直面する様々な課題の解消に対応するサービスをメニュー化し、ご利用しやすい形で提供することで、お客様の製品開発を支援するものと位置づけています。

サービス内容

対象
  • 組込み Linux システムを搭載した製品で利用されるソフトウェア全体
  • カーネル、ミドルウェア、アプリケーション(3rd パーティ製ソフトウェアも含む)
  • 必要に応じてハードウェアレベルも対応
パフォーマンス/障害解析の流れ
現象の再現
  • デッドロック
  • メモリリーク
  • スケジューリング
       
    • プロセス
    • セグメンテーションフォールト
    • I/O スケジューラ
    • Realtime スレッド
現象の分析と解決策の提示
回避策の適用(パッチの提供も含む)
条件

ディストリビューション:原則として制限はありません。

CPU アーキテクチャ:組込み Linux が対応する CPU アーキテクチャを対象とします。

金額

初期費用 120 万円(2 週間)~

※5 月 13 日(水)から東京ビッグサイトで開催される「組込みシステム開発技術展 ESEC」において、複数の事例をご紹介する予定です。

リネオソリューションズ株式会社

リネオソリューションズ株式会社は、組込みLinuxオペレーティング システムをコアとして、クロス開発環境(Lineo uLinux ELITE)、ソフトウェアおよびプロフェッショナルサービスなどの組込みソリューションを提供します。リネオの組込みソリューションは、お客様の組込み製品開発を容易にするとともに、開発期間を短縮することによりTime-to-Marketを実現します。

本社/エンジニアリング センター

〒399-0651 長野県塩尻市大字北小野 1589-1
Tel:0263-56-2317 Fax:0263-56-2319

本プレスリリースに記載されている会社名、製品名、サービス名は、当社または各社、各団体の商標もしくは登録商標です。
Linux は、Linus Torvalds の米国およびその他の国における商標または登録商標です。
Yocto Project 公式実践講座 5 月 ~ 7 月 開催分 受講お申込み受付中!
新企画「Yocto Project よもやま話」の連載を始めます
新企画「Yocto Project よもやま話」の連載を始めます

2022 年 04 月 28 日 Yocto Project よもやま話

ET & IoT 2021 レポート
ET & IoT 2021 レポート

2021 年 12 月 01 日 イベントレポート