NEWS&EVENTS
アジア・太平洋地区初!リネオ社員がYocto Project Ambassadorに就任
~ 世界標準の組込み開発環境プロジェクトYocto Projectを日本に普及する活動の推進、
組込み業界でのLinuxの活用とIoT化、インテリジェンス化への貢献が認定されました ~

2020年11月 4日- リネオソリューションズ株式会社[英語表記: Lineo Solutions, Inc. 本社:長野県塩尻市 代表取締役会長 佐野 勝大、取締役社長 小林 明](以下リネオ)の伊東 孝康が2020年10月29日に開催された「Yocto Project Summit」において「Yocto Project Ambassador」に就任したことを発表します。

    Yocto Projectとは

    Yocto Projectは、Linux Foundation傘下のオープンソース・プロジェクトの1つで、組込み機器向けにカスタムのLinuxディストリビューションを構築するための開発環境です。柔軟性が高く応用範囲が広いことから、大手組込みLinuxプロバイダーの多くがYoctoのビルドシステムを採用しています。

    Yocto Project Ambassador選考概要

    「Yocto Project Ambassador」は毎年2回選考されており、「Education and Teaching(知識・技能と教育)」、「Communication and Community Outreach(コミュニケーションとコミュニティへの働きかけ)」および「Initiative and Technical Leadership(イニシアチブと技術的リーダーシップ)」という3つのカテゴリにおける実績が選定基準になっています。Yocto Projectにおいてはドキュメントのほとんどが英語で提供される中、リネオと伊東が日本におけるYocto Projectの普及活動をリードし、日本語での技術的リーダーシップを発揮した実績が評価され、このたびの就任に至りました。アジア・太平洋地区からの「Yocto Project Ambassador」就任は初となります。

    <「Yocto Project Ambassador」伊東 孝康 プロフィール>

    リネオソリューションズ株式会社 ソリューション統括部 テクニカルエキスパート
    ウィンドウシステムX10 の時代からオープンソースに関わり、リネオでカーネル層からアプリケーション層まで幅広い組込みの開発を行っています。
    2016年よりYocto Project関連のテクニカルサポート、ハンズオン、講演活動を開始し、定期的に開催している BeagleBone Blackを使用したハンズオンセミナー「Yocto超実践講座」は、技術力に特化した日本で最も集客力のある講座となっています。
    また、 Yocto Projectを普及させるため、2017年からQAサイト「Yocto BBQ」をホストし、主回答者として、ユーザーの問い合わせに積極的に対応しているほか、Yocto Projectのメーリングリストへのコントリビューションも行っています。

    <Yocto Projectに関する実績>
      ■ Education and Teaching
    • 2016年より一般向けのYocto Projectの実践セミナーを定期開催し、4年間で500名以上のユーザーに対してYocto Projectの教育を実施
    • 企業向けオンサイトでのYocto Project講習実施による企業の開発部門や教育部門に対する普及活動
    • 常に新しいバージョンへの対応と、企業からの要望に応じて多種多様なSoCやボードに対応したコンテンツの提供
    • Yocto Projectを利用している開発現場から実運用に活用できるフィードバックをセミナーで提供
      ■ Communication and Community Outreach
    • 日本のYocto Projectユーザー向けに開発者による開発者のためのYocto Project情報「Yocto BitBake Question & answer」を運営
    • Yocto Project初心者から上級者まで151社で190名の登録メンバーに向けたYocto Projectに関する技術や新着情報の発信と、FAQによりYocto Project利用者に有用なナレッジの提供(総投稿数500件以上)
      ■ Initiative and Technical Leadership
    • リネオにおける顧客企業の実プロジェクトに対して、Yocto Projectに関するコンサルティングサービス(「Yoctoコンシェルジュ」)を提供
    • 組込み業界の展示会におけるYocto Projectの展示と、Yoctoコンシェルジュデスクの開設により、さまざまな業種(車載、産業機器、医療機器、家電、事務機器など)の来場者に向けたコンサルティングの提供

現在、Yocto Projectのメンバーに日本企業が二社参加している中で、サービス・ソフトウェア分野ではリネオが唯一のメンバー企業であり、日本でのYocto Project普及活動のイニシアチブをとっています。

このたびの「Yocto Project Ambassador」就任に対して、以下のコメントいただいております。

    ルネサス エレクトロニクス株式会社
    車載デジタルマーケティング統括部 シニアダイレクター
    Yocto Project Advisory Board
    Linux Foundation Board of Director
    宗像 尚郎様

    これまでの伊東孝康氏によるYocto啓蒙活動が認知され、Yocto公式Ambassadorに就任されたことを大変喜ばしく思います。Yoctoは既に日本の組み込みLinux開発者にとっても極めて重要なディストリビューションメカニズムとなっていますが、ますます広がりを見せるコネクテッドカーやIoT機器などへのLinux導入を支援していくために、Ambassadorとして、ますますご活躍されることを期待しています。

    The Linux Foundation
    日本担当バイスプレジデント
    福安 徳晃様

    リネオソリューションズ株式会社の伊東孝康氏が日本企業から初となるYocto Project Ambassadorに就任されたことを、大変嬉しく思います。Yocto Projectは、さまざまな業種の組み込み機器で採用が進んでおり、日本企業が多く参加するAutomotive Grade Linuxでも採用されています。日本におけるYocto Projectの普及活動をリードし、日本語での技術的リーダーシップを発揮してこられた伊東氏のご実績に敬意を表しつつ、より一層ご活躍の場が広がることを期待しています。

    リネオソリューションズ株式会社

    リネオソリューションズは、組み込みLinuxオペレーティング システムをコアとして、クロス開発環境、ソフトウェアおよびプロフェッショナル サービスなどの組み込みソリューションを提供します。リネオの組み込みソリューションは、お客様の組み込み製品開発を容易にするとともに、開発期間を短縮することによりTime-to-Marketを実現します。

【当リリースに関するお問い合わせ先】

* 本プレスリリースに記載されている会社名、製品名、サービス名は、当社または各社、各団体の商標もしくは登録商標です。



 
LinuxLink

Linuxを開発し製品に組み込むために必要となるソフトウェア、各種ツールそしてドキュメントが用意されており、組み込みLinux開発を始めたばかりの開発者からエキスパートまで、幅広く利用いただけます。


Warp!!LINEOWarp!!®

瞬時に起動 驚きの速さ その感覚はまさに“ワープ(Warp)”斬新な高速起動ソリューション Warp!!の速さを体感ください。サポートアーキテクチャも拡充。


LL-rescueLL-rescue

(Lineo Linux-rescue:エルエルレスキュー)Linux搭載の製品開発において発生する様々な課題/問題を解消するためのソリューションです。


VzetVzet
Linuxシステムは、複数のプロセスで構成される多くのアプリケーションが動作しており、“Vzet”は、このプロセス(スレッド)の『振る舞い』を『ビジュアルに表示』することを可能にします。


Timesys    Mimer   MITSUBISHI   Belcarra   STマイクロエレクトロニクス

ARM        Freescale        Renesas       jla         Linux Fundation


© Lineo Solutions, Inc. All rights reserved.