ニュース

「LINEOWarp!!®」が Advantech 社の i.MX8M Plus 搭載のシングルボードコンピュータ RSB-3720 に対応、サポートを開始

2021 年 11 月 15 日   プレスリリース

リネオソリューションズ株式会社(英語表記: Lineo Solutions, Inc. 本社:長野県塩尻市 代表取締役会長 佐野 勝大、取締役社長 小林 明 以下、リネオ)は、組込み Linux®/Android™ 機器向けの高速起動ソリューション「LINEOWarp!!®(以下 Warp!!)」が、Advantech 社の i.MX8M Plus 搭載のシングルボードコンピュータ RSB-3720 に対応し、サポートを開始したことを発表いたします。

Warp!!は、組込み Linux を熟知したリネオが開発し、2008 年より提供している組込み Linux®/Android™ を搭載する機器向けの各種 SoC(System on Chip)に対応した高速起動ソリューションです。電源 ON 時に保存したスナップショットイメージからシステムメモリを一挙に復元することで高速化し、瞬時の起動を実現しています。

Advantech 社の RSB-3720 は NXP 社の i.MX8M Plus プロセッサを搭載した、機械学習対応のコンパクトな 2.5 インチシングルボードコンピュータです。最大 2.3TOPS のニューラルネットワークアクセラレータを特徴としています。また、HDMI/LVDS・MIPI-DSI マルチディスプレイをサポートすることで、産業用 I/O インターフェイスをサポートしています。

NXP 社の i.MX8M Plus は NPU を統合した初の Coretex®-A53 ベースの SoC です。メインプロセッサ Coretex®-A53 と RTOS プロセッサ Coretex®-M7 を備えており、優れた人工知能(AI)エンジンで画像処理を強化する一方、高画質カメラや複数ディスプレイに対応するなど、豊富な I/O を装備しており、機械学習アプリケーションが実行可能となっています。

リネオは、独自開発した超高速起動ソリューション Warp!!や The Linux Foundation® が推進する Yocto Project® への高い知見を活かした技術コンサルテーション、開発環境、ツールなど先進のソリューションで、お客様の製品開発を支援して行きます。

当プレスリリースに関するお問い合わせ先

リネオソリューションズ株式会社
:press@lineo.co.jp

本プレスリリースに記載されている会社名、製品名、サービス名は、当社または各社、各団体の商標もしくは登録商標です。
Linux®は、Linus Torvalds の米国およびその他の国における商標または登録商標です。
Android™は、Google LLC の商標です。
The Linux Foundation® はさまざまな商標を登録および使用しています。The Linux Foundation® の商標一覧はこちらのページでご確認いただけます。
Yocto Project 公式実践講座 5 月 ~ 7 月 開催分 受講お申込み受付中!
新企画「Yocto Project よもやま話」の連載を始めます
新企画「Yocto Project よもやま話」の連載を始めます

2022 年 04 月 28 日 Yocto Project よもやま話

ET & IoT 2021 レポート
ET & IoT 2021 レポート

2021 年 12 月 01 日 イベントレポート