ニュース

"Lineo uLinux ELITE" CodeSourcery Edition TOSHIBA RBTX4938 をリリース

2007 年 06 月 28 日   プレスリリース

デジタル家電や小型携帯情報端末などのコンシューマ機器向け組込み Linux、Lineo uLinux と開発環境 uLinux ELITE を提供するリネオソリューションズ株式会社 [英語表記: Lineo Solutions, Inc. 本社:長野県塩尻 代表取締役 二木健至](以下リネオ)は、最新の組込み Linux 開発環境の提供を発表しました。

製品名

Lineo uLinux ELITE Board Support Package

TOSHIBA RBTX4938 CodeSourcery Edition

発売日 6 月 29 日
価格 1,600,000 円(消費税含まず)----年間使用料
開発ホスト OS S Fedora Core 4/6
PC ハードウェア要件 CPU Pentium®️4 (2GHz 以上を推奨)
メモリー 128MB(256MB 以上を推奨)
HDD 容量 2GB (10GB 程度を推奨)
特徴
  • Linux Kernel: Version 2.6.18.8
  • gcc-mips-4.1.2 (Sourcery G++ 4.1-54)
  • binutils-mips-2.17 (Sourcery G++ 4.1-54)
  • glibc-2.5 (Sourcery G++ 4.1-54)
  • busybox-1.4.2-1cs、 gdb-6.6.50.20070320-4.1_54cs_mips、filesystem-2.3.4-1cs など 48 パッケージ
  • CodeSourcery 社のアップデートに追従(契約期間内)

CodeSourcery Edition には、米国 CodeSourcery 社が開発/メンテナンスする Sourcery G++ の最新版をベースとして、リネオが用意したテスト済み各種パッケージを利用いただけるだけでなく、リネオと CodeSourcery 社による製品サポートが付属しています。

CodeSourcery 社についてはこちらを参照ください。

リネオソリューションズ株式会社

リネオソリューションズ株式会社は、組込み Linux オペレーティングシステムをコアとして、クロス開発環境、ソフトウェアおよびハードウェア評価デザ イン、プロフェッショナルサービスなどの組込みソリューションを提供します。リネオの組込みソリューションは、お客様の組込み製品開発を容易にするとともに、開発期間を短縮することにより Time-to-Market を実現します。

本社/エンジニアリング センター

〒399-0651 長野県塩尻市大字北小野 1589-1
Tel:0263-56-2317 Fax:0263-56-2319

本プレスリリースに記載されている会社名、製品名、サービス名は、当社または各社、各団体の商標もしくは登録商標です。
Linux は、Linus Torvalds の米国およびその他の国における商標または登録商標です。
Yocto Project 公式実践講座 5 月 ~ 7 月 開催分 受講お申込み受付中!
新企画「Yocto Project よもやま話」の連載を始めます
新企画「Yocto Project よもやま話」の連載を始めます

2022 年 04 月 28 日 Yocto Project よもやま話

ET & IoT 2021 レポート
ET & IoT 2021 レポート

2021 年 12 月 01 日 イベントレポート