ニュース

高速起動ソリューション "Warp!!" をバージョンアップ 組込み Linux システムを 1.07 秒で起動

2011 年 11 月 08 日   プレスリリース

リネオソリューションズ株式会社 [英語表記: Lineo Solutions, Inc. 本社:長野県塩尻 代表取締役 二木健至](以下リネオ)は、"Warp!!" Version 3.2 を発表いたしました。

"Warp!!" は、Linux システムを搭載した機器を電源 OFF の状態から高速にシステムを起動させるもので、2008 年のリリース以来、日本国内だけでなく海外の製品にも採用が進んでいます。

"Warp!!" は、その優れた設計思想により、起動の速さ以外にも下記の様な柔軟性も備えています。

  • ARM をはじめとして MIPS、SH、PowerPC、ATOM など様々な CPU コアに対応
  • 製品への導入のし易さ
  • マルチコアプロセッサ向けの SMP や AMP Linux システムへの対応も可能
  • 保存対象になるシステムメモリは搭載 RAM サイズに非依存(実際に使用されている部分のみ保存)

Version 3.2 の概要

今回のバージョンアップでは、圧縮アルゴリズムの一新により更なる高速化を実現しました。

圧縮時間の短縮

さらに洗練された圧縮アルゴリズムを開発。前バージョンと比べ、2 倍*に高速化した圧縮アルゴリズムにより、ストレスのないハイバネーション機能の搭載が可能です。

圧縮率の向上

スナップショットのサイズを 20~50%*に圧縮できます。これにより、起動時間をさらに高速化することができます。

* 数値はいずれも前バージョンとの比較

Version 3.2 の性能
通常の起動 14.77 秒
Warp!!を搭載 1.07 秒
搭載 RAM 128 MB
保存サイズ 4.5 MB

Atmark Techno, Inc. Armadillo-500FX(Freescale iMx31 532MHz 搭載)
Linux kernel Version 2.6.26
電源 ON から X Window 表示までの時間をストップウォッチで計測


Warp!! Version 3.2 は、11 月 16 日(水)からパシフィコ横浜で開催される「組込み総合技術展 (ET 2011)」 リネオブース(No:E-01)で展示を行います。

リネオソリューションズ株式会社

リネオソリューションズ株式会社は、組込みLinuxオペレーティング システムをコアとして、クロス開発環境(Lineo uLinux ELITE)、ソフトウェアおよびプロフェッショナルサービスなどの組込みソリューションを提供します。リネオの組込みソリューションは、お客様の組込み製品開発を容易にするとともに、開発期間を短縮することによりTime-to-Marketを実現します。

本社/エンジニアリング センター

〒399-0651 長野県塩尻市大字北小野 1589-1
Tel:0263-56-2317 Fax:0263-56-2319

本プレスリリースに記載されている会社名、製品名、サービス名は、当社または各社、各団体の商標もしくは登録商標です。
Linux は、Linus Torvalds の米国およびその他の国における商標または登録商標です。
Yocto Project 公式実践講座 5 月 ~ 7 月 開催分 受講お申込み受付中!
新企画「Yocto Project よもやま話」の連載を始めます
新企画「Yocto Project よもやま話」の連載を始めます

2022 年 04 月 28 日 Yocto Project よもやま話

ET & IoT 2021 レポート
ET & IoT 2021 レポート

2021 年 12 月 01 日 イベントレポート