PRODUCTS&SERVICES

Products
Services
Yocto Project® Super Practical Online Course (LFD461-JP)
Training_CoursePromoGraphics_LFD461JP
Linuxは、AI、自動運転、IoTといった今大きな話題となっている先端領域でも重要なテクノロジーです。 その開発に必要となるLinuxとしてYocto Projectへの関心は高く、開発環境であるYocto BSP(Board Support Package)が採用されるケースも増えています。
一方で、Yocto BSPでは”レシピ” “レイヤー” “Poky” “BitBake”といった言葉が使われているように、これまでと異なるアプローチ、仕組みで構築されているため、その理解、習得の難しさが課題となっています。

このような状況を解消し、お客様の製品開発を支援するために、リネオでこれまで行ってきたYocto関連の開発、サポートやセミナーでの知見やノウハウを統合した、Yocto Project公式実践講座を開催します。

Yocto Projectの中核となるBitBakeやツールについて、詳細な解説と演習で構成しています。演習は実際の開発現場をイメージしており、演習を進めることで、BitBakeのわかりにくさ、難しさは解消され「BitBakeなんて怖くない」となることを期待できます。
  本講座の特徴
    The Linux Foundation®認定トレーニングパートナー

    THE Linux FoundationYocto Project


    • リネオは、 Yocto Project の日本における普及促進を目的に、Linux Foundation の認定トレーニングパートナーとして、世界で初めてとなる日本語でのYocto Project 公式実践講座を提供いたします。 リネオが独自で開催をしてきた日本語でのハンズオンセミナー「Yocto 超実践講座」は、 講座内容を Linux Foundation のトレーニングにリニューアルし、 「Yocto Project Super Practical Online Course (LFD461-JP)」として開催いたします。 トレーニングを修了すると Linux Foundation から修了証が発行されます。
      The Linux Foundationとは?
    • 2000年に設立されたLinux Foundationは、1,500を超えるメンバーによってサポートされており、オープンソース ソフトウェア、オープン スタンダード、オープン データ、およびオープン ハードウェアに関するコラボレーションにおいて世界をリードしています。Linux、Kubernetes、Node.jsをはじめとするLinux Foundationのプロジェクトは、世界のインフラに必要不可欠な存在です。Linux Foundationは、ベスト プラクティスを活用し、貢献者、ユーザー、およびソリューション プロバイダーのニーズに対応することにより、サステナブルなオープン コラボレーション モデルを生み出します。 詳細については、www.linuxfoundation.org をご覧ください。

      ※リネオは Linux Foundation のメンバー企業です。
コース名称:
 
    Yocto Project Super Practical Online Course (LFD461-JP)
対象:
 
    Yocto ProjectベースのBSPを使用してシステム構築を行う開発者
    Yocto Projectに関心のある開発者

クロス開発環境の実習を行うためC言語プログラミング環境に関する基礎知識を必要とします。エディターに関して、vi/emacsを使えなくても実習ができるように考慮しております。
日程:(予定)
 
    3日間のコースです。
    1日目 13:00-17:00
    2日目、3日目 10:00-17:00
*開始10分前までにZoomにご参加ください。
会場:
 
    本講座はZoomを使用したオンライン講座となります。
    職場やご自宅などからZoomとHTML5対応Webブラウザを使用し受講頂けます。
Web会議システム:
 
    ・Zoom ウェビナー
     *Zoom ウェビナーはブラウザからでも参加できますが、一部機能が制限されます。
費用:
 
     280,000円(税抜き)
定員:
 
    4名
講師:
 
    ソリューション統括部 テクニカルエキスパート
    Yocto Project Ambassador
    伊東 孝康
      Yocto Project Ambassador が講師を担当
      Yocto Project においてはドキュメントのほとんどが英語で提供される中、リネオが日本における Yocto Project の普及活動をリードし、日本語での技術的リーダーシップを発揮した実績が評価され、このたび伊東が「Yocto Project Ambassador」に就任いたしました。アジア・太平洋地区からの「Yocto Project Ambassador」就任は初となります。
      詳しくはこちら
演習環境:
 
    BitBakeを高速に実行できる高性能PCを使用します。
    Host PC: Intel Core i7
    評価ボード:Qemux86を使用します。
内容:
 
    講座は、講義と演習で構成されています。
    1日目
  • Yocto Projectについて、その概要や経緯を理解するとともに、開発環境の中核となるツールBitBakeについて基本となるシステムの構築演習を行いながら、詳しく解説します。
    2日目
  • Yocto Projectが提供するツールであるToasterやランタイムパッケージ管理システムの使用を含んだ各種カスタマイズの手法の解説・演習を行います。
    3日目
  • SDKを使用したクロス開発・Yocto Project環境下でのデバッグ・devtoolを使用した開発に関する解説・演習を行います。
ご準備頂くもの:
 
    ・ZoomとHTML5対応ブラウザがインストールされたPC
    ・2ndディスプレイ(*必須ではありませんがあると便利です。)
  タイムテーブル

次のような内容での実施を予定しています。
(一部変更となる場合もありますので、あらかじめご了承ください。)

1日目 内容
 
  • ■ 挨拶
  • Yocto Projectについて
  • - 概要の解説
  • - 経緯の解説
  • - 特徴の解説
  • ■ Pokyについて
  • - 概要の解説
  • ■ イメージの生成実習
  • - 開発ホストへのアクセス
  • - 実習環境の解説
  • - イメージの生成
  • ■ buildsystem詳解
  • - コンフィグレーションファイル解説
  • - 演算子の解説
  • - bitbake使用方法の解説
  • - bitbake-layers使用方法の解説
  • - devtool使用方法の解説
  • - レシピの記述解説
  • - 各タスクの解説
  • ■ 生成したイメージの起動実習
  • - qemux86の起動
  • - カスタマイズ前の状況確認
  • ■ CVEに登録された脆弱性の確認
  • - 概要説明
  • - 登録状況の確認実習
  • ■ ライセンス
  • - 概要説明
  • - ライセンス情報の確認実習
  • Q&A
2日目 内容
 
  • ■ カスタマイズ
  • - カスタマイズの原則の解説
  • - 各種カスタマイズの解説
  • - レイヤー生成の実習
  • - カーネルコンフィグレーション変更の実習
  • - セキュリティパッチを導入する実習
  • - カスタマイズイメージの生成実習
lunch
  • ■ Toaster
  • - 概要説明
  • - カスタマイズ実習
  • ■ OpenEmbedded Layer Index
  • - 概要説明
  • ■ ランタイムパッケージ管理
  • - 概要説明
  • - 構築済みパッケージの追加実習
  • - 未構築パッケージの追加実習
  • Q&A
3日目 内容
 
  • ■ SDKを使用した開発
  • - 概要説明
  • - 導入実習
  • - Native構築実習
  • - Cross構築実習
  • - 動作確認済ソースを使用したレシピの作成実習
  • ■ gdbを使用したデバッグ
  • - 概要説明
  • - debug機能を有効にする設定実習
  • - ターゲットでのローカルデバッグ実習
  • - 開発ホストからのリモートデバッグ実習
lunch
  • ■ eSDK(devtool)を使用した開発
  • - 概要説明
  • - 導入実習
  • - レシピの作成実習
  • - レシピの構築実習
  • - 生成したパッケージの動作確認実習
  • - イメージの生成実習
  • - 開発を完了してレシピを既存のレイヤーに追加する実習
  • Q&A
  スケジュール表
5月
5月25日 (火) - 27日 (木) Zoomウェビナー登録
6月
6月22日 (火) - 24日 (木) Zoomウェビナー登録
7月
7月27日 (火) - 29日 (木) Zoomウェビナー登録
  申し込みから受講までの流れ
1. 受講約款
2. Zoomウェビナー登録
3. 受講申込書の送付
4. 講座受講のご案内
5. 請求書・業務完了報告書の送付 / お支払い
1. 受講約款
  以下の受講約款をご確認頂き、内容に同意頂いた上でお申し込み手続きをお願いいたします。
2. Zoomウェビナー登録
  応募フォームよりZoomウェビナーへの登録申請を行ってください。
応募フォームのURLはスケジュール表に記載されています。
個人情報については、当社ならびに関係会社にて各社のプライバシーポリシーに沿って適切に管理をいたします。
各社のプライバシーポリシーは以下のページよりご確認頂けます。
3. 受講申込書の送付
  弊社でZoom登録情報の確認後に受講費用・お支払い条件を記載した受講申込書をお送りいたします。
必要事項を記入の上、ご返送ください。
  • ※お支払い条件:受講月の末締め翌月振込み
4. 講座受講のご案内
  弊社で受講申込書の確認後、『受講申込確定』の通知をいたします。
その後、講座を受講頂くために以下の情報をお送りいたします。
  • 1. 講座テキスト
  • 2. Zoom会議に参加頂くためのURL
  • 3. 開発マシンへリモートアクセスするための情報
5. 請求書・業務完了報告書の送付 / お支払い
 
    講座受講日の最終日に請求書および業務完了報告書をお送りいたします。
  • ・業務完了報告書
  • 講座終了後、所定事項を記入しご返送ください。
  • ・お支払い
  • 請求書記載の指定日までに受講費用を当社指定口座へお振込み下さい。
お問合せは sales@lineo.co.jp までメールをお送りください。

The Linux Foundation はさまざまな商標を登録および使用しています。
The Linux Foundation の商標一覧はこちらのページでご確認いただけます。
Linux は Linus Torvalds の登録商標です。


 
LinuxLink

Linuxを開発し製品に組み込むために必要となるソフトウェア、各種ツールそしてドキュメントが用意されており、組み込みLinux開発を始めたばかりの開発者からエキスパートまで、幅広く利用いただけます。


Warp!!LINEOWarp!!®

瞬時に起動 驚きの速さ その感覚はまさに“ワープ(Warp)”斬新な高速起動ソリューション Warp!!の速さを体感ください。サポートアーキテクチャも拡充。


LL-rescueLL-rescue

(Lineo Linux-rescue:エルエルレスキュー)Linux搭載の製品開発において発生する様々な課題/問題を解消するためのソリューションです。


VzetVzet
Linuxシステムは、複数のプロセスで構成される多くのアプリケーションが動作しており、“Vzet”は、このプロセス(スレッド)の『振る舞い』を『ビジュアルに表示』することを可能にします。


Timesys    Mimer   MITSUBISHI   Belcarra   STマイクロエレクトロニクス

ARM        Freescale        Renesas       jla         Linux Fundation


© Lineo Solutions, Inc. All rights reserved.