NEWS&EVENTS

RISC-V」活用セミナー レポート

2月6日(水) SIP(塩尻インキュベーションプラザ)で「RISC-V」活用セミナーが開催され、リネオの開発者が、RISC-V最新のLinux対応状況、リネオの取り組みについて講演をしました。

    当日のアジェンダをご紹介します。
  • リネオのご紹介
  • リネオのRISC-V取り組みの始まり
  • RISC-Vの紹介
  • RISC-Vコミュニティのソフトウェア近況から
  • Debian
  • Fedora
  • Yocto/OpenEmbedded
  • PREEMPT_RT & Xenomai3
  • LTS/BSP作成とQEMUサポートへ向けて
RISC-V(リスク ファイブ)は「RISCの設計思想に基いた、オープン標準の命令セット・アーキテクチャ (ISA) 」(Wikipediaより引用)として、従来とは別の、新たな可能性を秘め、最近注目を集めています。

 
LinuxLink

Linuxを開発し製品に組み込むために必要となるソフトウェア、各種ツールそしてドキュメントが用意されており、組み込みLinux開発を始めたばかりの開発者からエキスパートまで、幅広く利用いただけます。


Warp!!LINEOWarp!!®

瞬時に起動 驚きの速さ その感覚はまさに“ワープ(Warp)”斬新な高速起動ソリューション Warp!!の速さを体感ください。サポートアーキテクチャも拡充。


LL-rescueLL-rescue

(Lineo Linux-rescue:エルエルレスキュー)Linux搭載の製品開発において発生する様々な課題/問題を解消するためのソリューションです。


VzetVzet
Linuxシステムは、複数のプロセスで構成される多くのアプリケーションが動作しており、“Vzet”は、このプロセス(スレッド)の『振る舞い』を『ビジュアルに表示』することを可能にします。


Timesys    Mimer   MITSUBISHI   Belcarra

ARM        Freescale        Renesas       jla         Linux Fundation


© Lineo Solutions, Inc. All rights reserved.