NEWS&EVENTS
組込み総合技術展 関西 ETWest2019 レポート
6月13日(木) ~ 14日(金) にグランフロント大阪で開催された<< 組込み総合技術展 関西 ETWest2019 >>に出展しました。
組込み総合技術展 関西 ETWest2019 レポート
4月に開催された「組込みシステム開発技術展」に続いて "EdgeもLinux" をテーマに、Edge機器に必須となる様々なLinuxのテクノロジーをご覧いただきました。
 
セキュリティ対策 Vigiles

お客様の使っているOSSに脆弱性があるかを監視し、セキュリティ対策にかかる「時間」と「コスト」を削減します。
5月にサービス名がSVPNからVigilesに変わりました。
Vigilesとは <見張番>と訳される古代ローマの消防隊に由来しています。

脆弱性情報を常に監視し、早急に問題を "ショウカ" します。
展示会場では、システムに組み込まれているOSSにどの程度の脆弱性があるかを可視化するデモをご覧いただきました。
 
マルチOSソリューション MULCOS-2

OS間の同期通信機能を備えている "MULCOS-2" は、Linux、RTOS、またはベアメタルで開発をしてきた資産を生かしつつ、より高機能かつセキュアなシステムを実現します。
Digi International ConnectCore 6(i.MX6) のセキュアゾーンにRTOS、ノンセキュアゾーンにLinuxを搭載しました。 RTOS側でパルスジェネレータから受けとる信号データを "MALCOS-2" がLinux側に送ることで、セキュアな通信を可能とし、Linux側で画面表示を行います。ESECでもご好評頂いたデモをご覧いただきました。
 
遠隔デバッグ&テスト Board Farm Cloud / Test Automation System

遠隔地からターゲットボードをデバッグすることができる "Board Farm Cloud(BFC)" および、開発シーンにおいてシステムの品質を一定に維持するための自動テストサービス、"Test Automation Service(TAS)" をご紹介。
長野県塩尻の本社にあるターゲットボードを、会場からの電源On / Offや、コンソールでの遠隔デバッグを可能にしたデモをご覧いただきました。
Continuous Testingをこのボードファームと組み合わせることで、ソフトウェア開発プロジェクトにおける「Code Check-in」~「ビルド」~「 デプロイ」~「テスト」~「レポート生成」サイクルの自動化を実現できるため、これまでのテスト環境を大幅に改善できます。
 
超高速起動ソリューション LINEOWarp!!

製品誕生から11年、長い歴史の中で様々なSoC/ディストリビューションに対応してきました。
今回新たに "Android9 Pie" をラインナップに加え、日々進化し続けるリネオの超高速起動ソリューションをご覧頂きました。

萩原テクノソリューションズ
    HRX1000 - Renesas RZ/G1E(Cortex-A7 Dual Core)1.0GHz
    パートナー製品を高速起動

NXP
    i.MX8MQ EVK
    (Cortex-A53 QuardCore) 1.5GHz
    Android9 Pie 対応

アットマークテクノ
    Armadillo-500FX
     

RENESAS
    R-Car H3
    (CA57 Quad / CA53 Quad)
    Android Auto を高速化

RENESAS
    R-Car H3 (CA57 Quad / CA53 Quad)
    Salvator-X : Renesas
 
Yoctoコンシェルジュ

"組み込み×Linux" では定番となってきたYocto。
リネオではYoctoを "使っている" 、"使いたい" お客様に向けて、トレーニングやサポートサービス、さらにはYocto向けのセキュリティサービスも展開しております。

Yoctoの使い方については、7月25日にアヴネット株式会社 西日本支店様で開催される「Yocto超入門セミナー NXP i.MX8編」をご紹介しています。
 

Timesys    Mimer   MITSUBISHI   Belcarra

ARM      Freescale      Renesas     jla     Linux Fundation


Copyright © 2009 Lineo Solutions, Inc. All rights reserved.