NEWS&EVENTS
ET & IoT Technology 2018 レポート
11月14(水) ~ 16日(金) にパシフィコ横浜で開催された<<ET/IoT2018>>に出展しました。
 
ET/IoT2018 レポート
 
会期中は大変多くの皆様にブースへお越しいただき、ありがとうございました。
自動車、家電、産業機器、医療機器、農業で使われる組み込み機器のIoT化が加速していく中、ネットワーク機能やセキュリティ機能を担うエッジコンピュータをLinuxで実現する開発、『Linuxでエッジコンピューティング』に注力するリネオのテーマは、"LinuxでEdge"。Linuxの高速起動"Warp!!"とLinux開発環境"LinuxLink"をメインに、新サービスのセキュリティ脆弱性対策"Security Vulnerability and Patch Notification Service(SVPN)"やYoctoコンシェルジュなどのご紹介、またLeapMind社のDeLTA-Kitによるディープラーニングのデモもご覧いただきました。
 
15日(木)17:00 からのETフェスタもお楽しみいただけたかと思います。
レポートメニュー
デモ高速起動と開発環境をメインに 新サービス"SVPN"や"TAS"、Yoctoコンシェルジュ、IoTに必須な高速起動、AI/ディープラーニングなどをご紹介。 ET FESTA恒例となっている リネオのETフェスタ。

デモ

最新バージョンWarp!!5.1でのAndroid 8.1.0 Oreo 対応をはじめ、協業企業様の様々なWarp!!対応ボードの展示をご覧いただき、見て触ってその速さを体感いただきました。
NXP
    NXP i.MX8MQ EVK
    (NXP i.MX8MQ (Cortex-A53 Quad Core) 1.5GHz)
    Android mode 3.0αで、Android 8.1.0 を搭載
    SABRE Platform for Smart Devices
    (NXP i.MX6Q (Cortex-A9 Quad Core) 1GHz)
    Warp!!5.0と5.1の起動時間を比較
アットマークテクノ
    Armadillo-500FX
    (NXP i.MX31 (ARM1136) 532MHz)
    Armadillo-410
    (NXP i.MX25 (ARM926EJ-S) 400MHz)
Digi International
    ConnectCore 6 SBC
    (NXP i.MX6 (Cortex-A9 Quad Core) 1GHz)
     評価キットのダウンロードが可能です。こちら
     ご覧ください。
Advantech
    ROM-7720
    (NXP i.MX8QM (CA72 Dual / CA53 Quad))
Renesas
    Salvator-X
    (Renesas R-Car H3 (CA57 Quad / CA53 Quad))
    (協力 DiSTI様)
    64bit CPUに対応したWarp!!。User APIオプションを活用することでさらなる高速化/最適化や4GBを超える広大なメモリ空間を活用したリッチなユーザーエクスペリエンスを提供する高速起動製品への提案をご覧いただきました。
萩原テクノソリューションズ
    HRX1000 - Renesas RZ/G1E (Cortex-A7 Dual Core) 1.0GHz
    ルネサスマーケットプレイスから提供される CIPカーネルを使った BSP(RZ/G Verified Linux Package) に対応。
    RZ/G1E 内蔵ペリフェラルデバイスのすべてが高速復帰します。

 
セキュリティ情報の通知やアップデート管理を行い、Linux開発をより安全 安心にするサービス"Security Vulnerability and Patch Notification Service(SVPN)"。 開発製品を長期供給していく際に、セキュリティ脆弱性とその対応に必要な時間とコストを削減できるサービスです。


 
BFC(Board Farm Cloud)を使い、リネオ本社(塩尻)と会場を繋った遠隔デバッグのデモを行いました。
開発拠点が国内複数の場所や海外にある場合において、ボードの移動における手間を軽減し、開発期間を短縮します。


 
Yoctoの看板を目にして足を止めて下さる方が多数いらっしゃいました。
組み込みLinux環境としてYocto Projectへの関心が高まる中、その難しさを実感する皆様へ、Q&Aサイトの「YoctoBBQ(BitBake Question & answer)」、スタートアップアシストサービスカスタマイズサービスYocto超実践講座などをご案内しました。


 
 AI
LeapMind社 DeLTA-Kitによるディープラーニング Deep Learningを導入したいが何から着手して良いのかわからないというお悩みにこたえるソフトウェアがLeapMind社の「DeLTA-Kit」です。 インテル社のFPGA Cyclone V SoC (ARM+FPGA)という低消費電力・低コストなデバイスにより、手軽かつ簡単に組み込みDeep Learningモデル構築が実現できます。ブースでは顔画像の認識を行うデモを行いました。


 

ET FESTA

会期2日目の15日(木)午後5時から「ETフェスタ」での模様です。
    恒例となりましたリネオのET Festa。今年も「リネオ特製おつまみ」の燻製と本拠地長野県塩尻市の地元ワイナリー様の名産ワインをご用意しました。
長野県PRキャラクター「アルクマ」©長野県アルクマ18-0053

    塩尻のぶどう栽培は意外と古く、明治23年(1890年)に桔梗ヶ原に約1haのアメリカ系ぶどうの「コンコード」「ナイヤガラ」など約20品種 3,000本の苗を試植したことから始まったそうです。
        
    なかでもメルローから醸造された赤ワインは本場欧州においても高い評価を受け、白ワインではシャルドネやケルナーなどの白ワインとして評価される品種の栽培もされるようになり、現在、塩尻市内で 9つのワイナリーと 1高校によりワインの醸造が行われております。
  
ブースでは多くの方に塩尻名産のワインをお楽しみいただきました。
アルクマや助成金でお世話になっている長野県/塩尻市への感謝の気持ちと、
観光や Iターン、Uターンにも繋がればと様々なパンフレットをご覧いただきました。


Timesys    Mimer   MITSUBISHI   Belcarra

ARM        Freescale        Renesas       jla         Linux Fundation


Copyright © 2009 Lineo Solutions, Inc. All rights reserved.